開店祝い・開業祝いの胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭ギフトの贈り方

開店・開業祝い

開店開業祝い

開店祝いに胡蝶蘭がおすすめの理由

開店祝いの定番を皆さんはご存知ですか?
観葉植物、時計、商売繁盛を祈って招き猫・・・など色々な贈り物がありますが、圧倒的に人気なのが「お花」の贈り物です。 中でも「胡蝶蘭」はお祝い花の代表といえるでしょう。

開店祝いになぜ胡蝶蘭が選ばれるのか・・・?
贈る側にも贈られる側にも〝嬉しい〟がいっぱい詰まった贈り物だからです。



<贈る側の嬉しい>
・ひとことに胡蝶蘭といってもお花の種類や色が豊富なので、予算や贈る相手の好みに合わせて商品を選べること
・お祝いの気持ちを文字にした立札を添えることで美しいお花と一緒に気持ちも伝えられること
・ボリューム感、華やかさがあり、受け取った方にセンスが良いと思ってもらえること

<贈られる側の嬉しい>
・高価なお花というイメージが浸透していて、普通のお花やアレンジメントフラワーよりステータスを感じられること
・花持ちが非常に良いので、新規開店したお店を長い間華やかに彩ってくれること
・店頭に1つあるだけでもお店を訪れるお客様に華やかさ、美しさ、明るさを感じていただけること

そして、他の人と贈り物が重なってしまうことは贈られる側も贈る側にとっても不安な点ですが、胡蝶蘭の場合はそんな心配もありません。 万が一商品が重なったり、たくさんの胡蝶蘭が届いたとしても、より一層華やかになるだけで困ることはないので安心です。

こうやって挙げてみると、本当に〝嬉しい〟ポイントがいっぱいですよね! そんな胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。 大切な友人、家族、取引先などの御開店のお祝いに「幸福な門出となりますように・・・」 という願いを込めて胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。
喜んでいただけること間違いなしですよ♪

開店祝い・開業祝いを贈るタイミング

開店祝いっていつ渡したら、いつ届けたら良いのか悩みますよね。大前提は「開店より遅れない」という事で、一般的には開店1週間前から開店当日までに届けると良いと言われています。

開店祝いの定番となっている胡蝶蘭を贈るタイミングは特に難しいです。花は生き物ですのでせっかくの当日に枯れてしまっては意味がありません。開店・開業の当日届くようにするのが一番多いのですが、開店の時間に間に合わなかったり、お客様が来ているなか届いたお祝いを設置する手間をかけてしまったり、と相手に迷惑や負担をかけてしまう可能性もありますので前日~3日前くらいに届くように贈る方もいます。

あらかじめ知っておきたいポイントになるのは、開店のイベントがあるかないかです。例えばプレオープンやオープニングパーティーがある場合、そのイベントに間に合うようにお祝いの品物を届けたらとても華やかなイベントになるでしょう。

自分がそのイベントに参加して直接お祝いを渡すのも良いかもしれません。ただし、先述したように開店当日というのは相手にとってはとても慌しい一日です。相手との関係の深さにもよりますが、とても仲の良い親友などであればあえて当日は伺わないようにして品物だけ前日までに届くように設定するのも、相手への優しさかもしれません。
何を送るにしても、いつ送るにしても、前もって相手の都合や希望を聞いたうえで準備を進めれば、後のトラブル回避にもつながります。せっかくのおめでたい事なのでやはり相手への優しさや配慮は忘れないようにしたいものです。

開店祝い・開業祝いの相場

 開店祝いの相場はいくらくらいなのでしょうか?少なすぎても後々恥ずかしい思いをしてしまいますし、多すぎても後々相手に気を遣わせてしまいます。
【一般的な相場】として
●親、兄弟や親族など身内…10,000~30,000円
●友人、知人など…10,000円
●取引先など仕事関係…20,000~50,000円
と言われています。

もちろんおよその金額ですので、相手との関係性にも関わってきます。とても仲が良い友人や、付き合いが長い人、またとても重要な取引先なので会社として少し慎重な付き合いを構築したい、など様々な状況があるかと思います。
また、送る側・受け取る側の年代によっても変わったり、住んでいる地域によって多少の差が出たり、と考慮するポイントはいくつかあります。また、同じタイミングでお祝いを渡す友人同士で金額を合わせることもあるかと思います。
やはり定番は胡蝶蘭が多いです。なんと言ってもやはり見た目の豪華さが人気です。花の匂いがしないのと花粉が出ないのも人気のひとつで、飲食店などにも最適なお花です。「胡蝶蘭を贈られるような高級なお店だ」「支えてくれる人がいるしっかりとしたお店だ」など周りからの信頼も得られるかもしれません。

お店の選び方

開店祝いに胡蝶蘭を買うときにおすすめの買い方はインターネットで買うことです。
一般的な生花店で買うと現物を見れるというメリットはありますが、
・売れずに枯れてしまう可能性があるのでその分価格を高く設定
・家賃、内装費等、店舗維持の経費がかかるため高い
・少ない在庫の中から選ばなければならない
・在庫としてしばらく店頭に置かれていたため新鮮さがない
等多くのデメリットがあります。

その点、インターネットで購入すれば店舗維持費もかからず安く、しかも生産者直送してくれて新鮮な状態で届けることができます。
特におすすめなのはこちら

幸福の胡蝶蘭屋さん

↑の花屋さんがおすすめです。ここは胡蝶蘭業界では結構有名なインターネット専門のお花屋さんで、世界洋蘭展ブルーリボン賞・農林水産大臣賞など数多くの賞を受賞している生産者さんの胡蝶蘭のみ販売しているお花屋さんです。 開店祝いにふさわしい木札・紙札も揃っていますし、ラッピングはもちろん無料、本州四国は送料無料で全国配送も可能です。さらに実際に配送された胡蝶蘭の写真をメールで送ってもらえるので、ネットショップのデメリットである現物を見れないという心配もないです。

開店祝い・開業祝いに胡蝶蘭を送った体験談

43歳・男性

胡蝶蘭ギフトの贈り方 | 開店・開業祝いの体験談

34歳・女性

胡蝶蘭ギフトの贈り方 | 開店・開業祝いの体験談