就任祝いの胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭ギフトの贈り方

就任祝い

就任祝い

花は年齢、性別関係なく喜ばれるものです。
高級な花として定番の胡蝶蘭でしたら、会社のエントランスや社長室に置いても見栄えがよく、匂いも強くないので個室においても迷惑にはなりません。 ネクタイなどは身に着けるものですので好みがあり、お取引先に送るものとしては気が引けますし、上司や目上の方へ贈る際は履物や下着などの下に着けるもの、踏んでしまう敷物は好ましくありません。

その点、会社に飾ることのできる胡蝶蘭はとても最適だと思います。
会社の壁が白と分かっているようでしたら、ピンクがよく映えますね。 白い花を贈るようなら、赤いラッピングにすると紅白になりお祝いの気持ちが伝わります。 このようにボリューム、色が選べるので、その会社にあったものを贈ることができます。

立札には「祝」「祝御就任」「御就任祝」と御祝いの文字を入れ、贈り主の名前または会社名を記載します。

就任祝いの相場は、取引先ですと2~5万円、個人でしたら1~2万円程度のものになります。 贈る時期は、正式な辞令を確認してから着任するまでの間です。

就任祝いを贈るタイミング

開店祝い・開業祝いを贈るタイミングは通常は開店、開業の当日が一番多くなっています。 ただ、当日は何かと忙しい場合もありますので前日に贈るという方も多くなってきています。 当日に間に合わない場合はなるべく早く贈るようにしましょう。

就任祝いに胡蝶蘭を送った体験談

43歳・男性

体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。

胡蝶蘭ギフトの贈り方 | 開店・開業祝いの体験談

34歳・女性

体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。体験談のテキストが入ります。

胡蝶蘭ギフトの贈り方 | 開店・開業祝いの体験談